LittleMine CAR-MODEL Factory
カープラモデルをメインに製作工程や完成写真を紹介していくサイトです。                           
レジン型取り製作


  今回はWAVE社の「Be-J HGキャスト」を使用しました。
一般的に模型用でよく言われているレジンはポリウレタン樹脂で、硬化後も穴あけやカッターなどによる切削などができ、プラスチックに近く扱いやすいです。
まず、この素材を流し込む「型」を作成します。

(2013/08/23)
型を作る方法はいろいろとありますが、今回のバケットシートは「両面取り」で行うのでまずは片面から。土台は油粘土で固定。どこで分割するのかがポイント。

(2013/08/23)
 かなり手順を省略していますが、もう片面の型をとった後。ダボ(下の型の穴)は両面被せるときに位置がずれないように固定する為です。でもここまでしなくても3箇所ぐらいでいいと思います。

(2013/08/23)
こちらが両面取りで複製したシートで、後から気泡をパテで埋めて修正しているところです。ここまで出来れば結構使えるので、もっと量産出来るようしていきたいです。

(2013/08/24)